susie's diary

Victoria にやってきた。 *21years old

心にひびいた言葉!

カナダでの生活も残り1ヶ月となりました。


更新が不規則すぎるこの頃ですね。



今日は書きたい気分なので、
書きます笑!



ここ1ヶ月くらいで
素敵な言葉に出会ったので
このブログに残そうと思います。





1つめ

" Problems are not stop signs,
they are guidelines. "

[困難はストップサインではなく、みちしるべである。]



直訳というか、私なりの訳だとちょっと変かな??
これは、
課題とか悩みとか色々な問題は、
いつも、誰にでも、色んな形で、
立ちはだかるものですが、
困難に直面した時、それはやめるサインではないということ。

困難は自分なりにどう向き合っていくか、
どう自分の道をつくって、それを通り抜けるか

っていうことなんですね。

うん、とても心に響きました。
誰がこんなことを言ったのでしょうか。


2つめ

" Life isn't about finding yourself,
life is about creating yourself. "

[人生は自分を探すためではなく、
自分をつくるためのものである。]



これはもう私の座右の銘になりました。


22歳になる前にこの言葉に出会えたことが
本当にうれしい!ラッキー!
最高のプレゼント。
しかもタダ。



今までたくさん探してきた人生だったけど、(どうりで見つからない訳だ😅)
これからは

Creating myself !!

なりたい自分になっていけばいいんだ。


簡単そうで意外と難しいと思うけど、
少しずつ、一歩ずつ。


あぁ、葛藤の日々だな~



3つめ

" You are braver than you believe,
Stronger than you seem,
and smarter than than you think! "


[あなたはあなたが思うより勇敢で、
見た目より強く、
そしてあなたが考えているより賢い]


なんだか勇気がもらえる。
背中を押してもらえる。そんな言葉です

言葉ってすごい。



最後は


" Work hard, play harder! "


[一生懸命働く、でもそれ以上に遊ぶ!]


まあ遊ぶというより、
自分のやりたいことだったり、
人生が豊かになるもの、
自分が幸せと感じるもの、
満たされるもの

そのための時間をつくること。


働く時間も楽しいものにできたら
もうこれ以上ない人生ですけど。

大概の人はそうはいかないだろうし、

憂鬱な月曜日は毎週訪れるし、

どんな仕事でもつらいことはあるだろう。




日本で働いているひとは
自分を見失いがちなんじゃないかなー
と思う今日このごろです。



カナダで1年間働いて思ったことは、
仕事はあくまで人生の一部にすぎないっていうこと。
仕事に追われる人生じゃなくて、
"自分のための時間"をつくるための仕事

っていうスタンスの人が多いかな~


そもそも仕事にたいしての真面目さが違いすぎる笑


生きていくうえで確かにお金は必要だけど

まぁ、
そんなに気張って生きることないんだな

って思いました。




カナダが小さい地球って言われる意味も
よくわかった。

本当に多国籍だし
気候も都市によってすごい差があるし。


あとは私より全然年上の人でも
大学に行ってる人もたくさんいる。

日本だったらすごいですね!とか
言われそうなことでも
こっちでは全然ふつう。



みんなそれぞれの生き方があるし、
それを尊重してる感じがとても素敵なところだなーと思います



日本は、というか今まで私の周りでは
割りとレール通りに進んでいく人が
多かったから
なんか自分の道はこれでいいのかな

とか思いがちだったけど、

正解なんてないし、


周りと比べることなんて

なんにもないんだなと気づきました。



カナダでの生活を通して、
ほんとうに心に余裕ができたな~


もしワーホリとか悩んでいる人が
いたらカナダをおすすめしたいな🎵


来てみて分かることって
ほんとにたくさんある!



ワーホリって一言でいっても

働く場所、住む場所、そこで出会う人
によって得られる経験は人それぞれだから
みんながまったく違う思い出をつくっている訳で。



いま思い返すと


私が体験してきたことは
これが全部恵まれたものだったな
と感じることができます。